• English

News

色の効果で、自分の時間をつくるのがうまくなるアナログ時計。        fun pun clock with color!発売

fpcwc_2015

この度、株式会社タカタレムノスは土橋陽子氏デザインによる掛時計「fun
pun clock with color !」を2015 年5 月11 日より発売を開始いたします。

「fun pun clock with color ! 」は、「色の効果で、自分の時間をつくるのが
うまくなるアナログ時計」をコンセプトにアナログ時計の持つ「円グラフ」
の特徴を活かしながら、色を効果的に使い、1 時間をおおらかに4分割して
捉えることで、子ども自身でスケジュールを管理できるように導いてあげる
ことを意図とした時計になります。

子育て経験のある女性デザイナーの「母親の視点」と、日本モンテッソー
リ教育綜合研究所の主任研究員 櫻井美砂様の「 専門家の意見」を取り入れ、
そして、インテリアペイントのメーカー・株式会社カラーワークス協力の
もと商品開発に取り組みました。

是非ご注目いただけますよう、ご案内申し上げます。


fun pun clock with color_Press Release

& premium アンド プレミアム 2015年 6月号

&Premium_00

& premium アンド プレミアム 2015年6月号 / Simple Farms, Simple Beauty
にて「dandelion 」をご紹介いただきました。

ぜひご覧ください。

 

dandelion ダンデライオン / designed by nendo

– 時間を伝えるタンポポの綿毛 –

数字の代わりにタンポポ( = dandelion)の綿毛の本数によって時刻を伝える
掛け時計です。綿毛がふわふわと風に舞い散るように、流れ続ける時を表現して
います。

NL14_11_WH

> Lemnos Online Store



& premium アンド プレミアム 2015年6月号
P97 Simple Farms, Simple Beauty
〈dandelion ダンデライオン / design by nendo〉
http://magazineworld.jp/premium/

 

台湾文博会 CREATIVE EXPO TAIWAN 2015 出展のお知らせ

taiwan_2015_1

この度、株式会社高田製作所は4月29日(水)から5月4日(月)まで台湾・台北市
で開催される展示会「 台湾文博会2015 」に出展いたします。

台湾文博会2015は、台湾文化部主催、財団法人台湾デザインセンター運営の
もと、台湾初の「 デザインのビジネスショー 」、「クリエイティブ産業の万
国博覧会」という位置づけで開催されます。

高田製作所は、富山県のブース内に出展し、SHIROKANEのアクセサリースタ
ンド、15.0%アイスクリームスプーン、Lemnosの時計等高岡の鋳造技術を活
かした商品を幅広いラインナップでご紹介いたします。

是非、ご注目をいただけます様お願いいたします。

 

台湾文博会2015
会期 : 2015年4月29日(水)~ 2015年5月4日(月)
会場 : Huashan 1914 Creative Park
ブース : 東2D館 H1D01
公式サイト : http://creativexpo.tw/en/

【お問い合わせ先】
東京ショールーム・オフィス 営業企画部広報担当/菊地・坂本
m : press@lemnos.jp
t : 03-5981-8120

Delicht Co.,Ltd.  (Taiwan)
www.de-licht.com

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

5月2日 (土)〜 5月6日 (水) は、ゴールデンウィーク休業とさせて
いただきます。
期間中にいただきました注文・お問い合わせの対応は、5月7日 (木) より
順次
させていただきます。

ご迷惑お掛けいたしますが、宜しくお願い申し上げます。
> 詳しくはこちらをクリック

CREA 2015年5月号

CREA_5月号

CREA 2015年5月号《日本全国地方のいいもの  /  関東&北陸エリア》にて、
寺田尚樹氏デザイン「15.0%」アイスクリームスプーン no.7 パフェの掲載
をいただきました。

 

No.07 parfait
カチカチに凍ったアイスをすぐ食べたい! そんな思いを可能にした
15.0%アイスクリームスプーンにスリムな「パフェ」が登場です。
15.0%
> Lemnos Online Store

 


p153 日本全国地方のいいもの / 関東&北陸エリア
CREA 2015年5月号 株式会社文藝春秋
http://crea.bunshun.jp/

時計台の時計 – エピソード- 2

時計台の時計2
2回に渡って連載している「時計台の時計」の特集。

前回は時計のもつ機能についてお話をいただきました。
今回は、小池さんが実際にデザインを模索していくうえで、
こだわり抜いた細部について自らご紹介をいただきました。

どんなインテリアにも違和感なく自然と溶け込む
「時計台の時計」の魅力が凝縮された貴重なお話です。

是非、お楽しみください。


《オリジナル書体のデザイン / プライウッド職人さんの技術》
http://www.lemnos.jp/documents/storydetail/?pid=4983

Categories

Archives

ページトップへ