• English

News

CARVED COLORED 発売のお知らせ。


2010年に発表、グッドデザイン賞を受賞した
「CARVED」のカラーバージョン。

NTL16_07_top

この度、株式会社タカタレムノスは寺田尚樹氏デザインによる掛時計「CARVED
COLORED (カーヴド カラード)」を2016年8月30日より発売を開始いたします。

2010年に発表、グッドデザイン賞を受賞したCARVEDシリーズに、
落ち着いた色合いのカラーバージョンが登場です。

文字盤に色をつけることによって、彫り込んだ文字が色のグラデーションの
ようにも見え、ミニマムなフォルムながらも空間に色のアクセントを与えます。

オレンジ・グリーン・ブルー・グレーの4色展開です。

4color
2010年グッドデザイン賞受賞

 

是非、ご注目をいただけますよう、ご案内申し上げます。


CARVED COLORED_Press Release

NY NOW 2016夏展 出展のお知らせ

NY_Now_2016_8

NY_Now_2016_8_2

Lemnos は、NY NOW 2016 Summer に出展いたします。
今回も洗練されたデザインが集まるエリア Accent On Design にブースを構え、
定番シリーズから新商品まで幅広く Lemnos Clock をご紹介いたします。
北米マーケットでのさらなる認知度の向上を目指します。

 

会 期:2016年8月21日(土)~8月24日(水)
*HOME | LIFESTYLE | ARTISAN RESOURCE
会 場:Jacob K. Javits Convention Center(米国・ニューヨーク)
ブース:4141 in the Accent on Design area
主 催:George Little Management, LLC


【お問い合わせ先】

東京ショールーム・オフィス 営業企画部広報担当/菊地
m : press@lemnos.jp
t : 03-5981-8120

ACGS  (U.S.A)
www.acgsbrands.com
www.facebook.com/acgears
m : info@acgsbrands.com

NY NOW
http://www.nynow.com/

日本以外の国で、レムノス製品のご購入をご検討中の皆様へ。

caution

【安心してご使用いただくために】

平素はレムノスの製品をご愛顧頂き、誠に有難うございます。

レムノスでは、海外のお客様にも安心してお使いいただけるよう、責任を持って製品の
輸出を行い、海外正規代理店を通して販売をおこなう体制をとっております。

近年、海外オンラインショッピングサイト内で、当社が日本国内向けに販売した製品を
海外で販売している事例が数多く見られます。それらは、当社が海外正規代理店を
通して販売する製品の仕様と異なる場合がございます。
特に、ご購入された海外のお客様より、「電波時計が使用できない」との報告が多発
しております。当社の電波時計は、日本国内のみでご使用いただける製品であり、
海外向けには一切製造しておりません。

レムノスではこうした事態を重く受け止め、お客様に注意を喚起したく、ここにお知らせ
いたします。

 

このようなトラブルにつきましては、当社では一切の対応を致しかねます。また、万一
不良などがあった場合、正規代理店での修理・保証の対象にはなりませんので、
ご購入の際は十分ご注意下さい。

 

【並行輸入・個人輸入業者各位】
並行輸入、個人輸入による製品を扱うウェブサイトなどで、株式会社タカタレムノスの
ロゴマークや製品写真が無許可で転載、使用されている場合があります。
このような正規販売代理店と誤認させるような商標・ロゴマークなどの使用、製品写真、
イメージ画像の無断使用は、著作権及び商標権を侵害する違法なものです。
ロゴマークや写真などを使用している並行輸入、個人輸入業者の方々には、直ちにその
使用を中止し、ロゴマーク及び写真をウェブサイトなどから削除するよう申し上げます。
当警告を無視して無許可の違反行為を継続した場合、法的措置を含め、厳正な対応
を取らせていただきます。

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

For customers considering purchasing Lemnos products in countries
outside of Japan

Please be careful with parallel imported
(gray market) products.

 

【For proper function】

We thank you for choosing Lemnos.

Lemnos has a distributing system that supports our products responsibly through our authorized dealers so that overseas customers can use them with confidence.

Recently, we have seen cases where our products that were produced for Japan domestic use are sold on overseas online stores without our permission.
The specification of such products may differ from those sold through our authorized retailers.
In particular, we have received complaints from international customers regarding Lemnos radio-controlled clocks not working properly.
Our radio-controlled clocks are for Japan domestic use only and are not produced for overseas use.

Lemnos takes the current situation very seriously. This notice is intended to bring this issue to your attention.

 

Please note that we are not responsible for any issues arise from using such products sold by unauthorized venders.
Furthermore, unauthorized products are not covered by the warranty even if defects are found. When purchasing Lemnos products, please confirm its authenticity.


【For parallel importers and private sellers】

Unauthorized copy and replication of Lemnos logo and product images have been used in unauthorized dealers’ website.
Using Lemnos trademark, logo, and / or product images without our permission infringes upon our copyright and trademark and is illegal.
Individuals and companies must cease and desist any illegal activities associated with unauthorized selling of Lemnos products.
Ignoring this warning and continuing such violation will result in strict legal action.

fun pun clock【開発ストーリー 04】

Story Vol.14

fpc_4_top_s

時計の読めない子が、読みたいと思う時計「fun pun clock」。

「これでいいだろう」となった段階でサンプルを幼稚園に持ち込み、1〜2週間ほど
壁にかけてもらっては、櫻井先生に意見を聞きに伺いました。子どもたちが時計に
対して出してくれた意見は、想像以上に多角的な内容で、櫻井先生も私も本当に
驚きました。


《子どものための時計を開発するなら、子どもの意見を聞いてみよう》
http://www.lemnos.jp/documents/storydetail/?pid=7947
 

fun pun clock【開発ストーリー 03】

Story Vol.13

fpc_3_top_s

時計の読めない子が、読みたいと思う時計「fun pun clock」。

高田社長との他愛もない雑談の筈が、既に時計で有名なレムノスに、「ママ・
デザイナーの視点を取り入れた時計」をデザインさせてもらう機会を頂いて
しまいます。右も左も分らないけれど、次の一歩として、子供達が通っていた
モンテッソーリ幼稚園にアドバイスを求めに行くことを約束します。
でも、そこには大きな心のハードルがありました。


《ママ・デザイナーの視点ってなんだろう?》
http://www.lemnos.jp/documents/storydetail/?pid=7944
 

Categories

Archives

ページトップへ