• English

News

fun pun clock【開発ストーリー 04】

Story Vol.14

fpc_4_top_s

時計の読めない子が、読みたいと思う時計「fun pun clock」。

「これでいいだろう」となった段階でサンプルを幼稚園に持ち込み、1〜2週間ほど
壁にかけてもらっては、櫻井先生に意見を聞きに伺いました。子どもたちが時計に
対して出してくれた意見は、想像以上に多角的な内容で、櫻井先生も私も本当に
驚きました。


《子どものための時計を開発するなら、子どもの意見を聞いてみよう》
https://www.lemnos.jp/documents/storydetail/?pid=7947
 

Categories

Archives

ページトップへ