• English

News

LEE 2018年11月号[別冊付録]

 

 

 

集英社が発行するLEE11月号(10月5日発売)の[別冊付録]北欧に暮らす日本人の家にて、
建築家、宮晶子氏デザインのカッコー時計CUCULO FELICE、レムノスデザインの電波掛け時計
Campagneを掲載していただきました。

是非、ご覧ください。

LEE magazine
https://lee.hpplus.jp/magazine/

 


CUCULO FELICE


Campagne

Lemnos Online Store システムメンテナンスのお知らせ

 

お客様各位

日頃はLemnosのホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。
下記の期間、システムメンテナンスのため、Lemnos Online Storeが
ご利用頂けません。
ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げますとともに、
あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

【停止日時】
2018年10月16日(火) 9:00 ~ 10月18日(木) 17:00
※作業状況により、時間が多少前後する場合がございます。

【停止サイト】
Lemnos Online Store

 

サイトをご利用のお客様は、該当の時間帯をさけてのご利用をお願い致します。
今後とも、レムノス製品をご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

Oishii Art Oishii Design展 in 香港 

10月20日(土)から10月28日(日)まで、香港のSpace 27 アートギャラリーと
TOPAWARDS ASIAが共同したイベント「Oishii Art Oishii Design展」
開催されます。
600以上ものデザイン賞に輝いてきた香港を代表する有名デザイナーAlan Chan
(アラン・チャン)氏と共に日本の食文化をテーマにした展示になります。

日本の食文化が香港に強い影響を与えていること、そして香港の幅広い層に受け入れ
られていることについて、デザインの観点から深く探っていくことを目的としています。

今回は、トップアワードアジアの受賞作品の中から、セレクトされた100点の飲食
パッケージが展示されます。
レムノスからは、2016年12月の優れたパッケージデザインとして
受賞した「15.0%アイスクリームスプーン」を選定していただきました。

Design company : 粟辻デザイン / AWATSUJI design
Producer : 寺田 尚樹 / Naoki Terada
Art Director : 粟辻 美早 / Misa Awatsuji
Designer : 萩原 瑶子 / Yoko Hagiwara

 

香港の日本領事館が開催する、「日本秋祭」の一環として開催されます。
日本の食文化を、デザインの視点から再発見していくことを目的とし、
展示だけでなく日本初ハンドドリップティーやアート巻き寿司のワークショップも
体験できます。

* Oishii Art Oishii Designの詳細はこちらから →

 

OISHII ART OISHII DESIGN

◾️主催
・ キュレーター:アラン・チャン
・ 共催者:Gallery 27 / 一般社団法人TOPA WARDS ASIA
・ 印刷:凸版印刷株式会社
◾️ 場所:Space 27 in Quarry Bay, Hong Kong
◾️ 開催日:2018年10月20日(土)〜10月28日(日) ※土日一般公開となり、平日は予約必須です
◾️ オープニングパーティー:10月19日(金)

Space 27
https://www.alanchandesign.com/space-27/

TOPAWARDS ASIA オフィシャルサイト
https://www.topawardsasia.com/

 


→ 受賞ページ


ワークショップ:東京茶寮ハンドドリップティー


ワークショップ:たまちゃんのアート巻き寿司

暮しの手帖 第4世紀96号

 

9月25日発売の「暮しの手帖 第4世紀96号」2018年10-11月号、グリーンショップの
商品案内の中で、土橋陽子さんがデザインした「ふんぷんくろっく」の掛け時計、
置き時計を紹介していただきました。

是非、ご覧ください。

 

p205 子どもの五感を育むために
暮しの手帖社
https://www.kurashi-no-techo.co.jp/

 

fun pun clock ふんぷんくろっく
fun pun clock for table ふんぷんくろっく フォア テーブル
/ designed by Yoko Dobashi

時計の読めない子が、読みたいと思うアナログ時計

ちょっぴりユーモラスな名前の由来は、“時”を表わす「1〜12」の文字が、
60進法の“分”の読み方となった際に「5ふん(fun)」「10ぷん(pun)」
「15ふん(fun)」「20ぷん(pun)」〜と交互に繰り返されることから名付け
ました。大人が子供に声がけしやすい、シンプルで素材の美しい、どの
ようなインテリアにも合う時計ができました。

Lines Clock / Numbers Clock 発売のお知らせ。


時間を伝える機能を最大限に残しながら、
細心の注意を図りデザインされたラインとナンバーの時計

この度、株式会社タカタレムノスは角田陽太氏デザインによる電波時計
「ラインの時計 / ナンバーの時計」を2018年10月15日より発売を
開始いたします。

壁を中心に空間に溶け込むフレームに、12本の長い線のみで構成され
優雅に佇むラインの時計と極限まで数字を大きくし、それらが自然に
見えるように配置したナンバーの時計。

いずれの時計も時間を伝える機能を最大限に残しながら、細心の注意を
図りデザインされた電波時計です。

 

是非、ご注目をいただけますよう、ご案内申し上げます。

 

Lines Clock / Numbers Clock_Press Release

a.depeche ア・デペシュ CLOCK FAIR 開催中。

 

9月28日(金)から10月14日(日)までの期間限定で、a.depeche 京都四条店、
草津店、mozo 名古屋店の3店舗にて、CLOCK FAIRが開催中です。
お得な特典も用意されています。

Lemnosからは、渡辺力氏の八角の時計をはじめ、角田陽太氏デザインのClock C、
五十嵐威暢氏デザインのeki clockなど、存在感がありながらも部屋にしっくりと
馴染む掛け時計の数々をご用意いたしました。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
店舗により、お取扱いアイテムが異なりますので、詳細は各店舗にてご確認ください。

 

a.depeche オフィシャルサイト
http://a-depeche.com/

a.depeche 京都四条店
◼️ 京都市下京区四条通寺町西入ル貞安前之町605 藤井大丸5F
◼️ TEL 075-254-8100/10:30〜20:00
a.depeche 京都四条店 Instagram ▷

a.depeche 草津店
◼️ 滋賀県草津市渋川1-1-60 niwa+
◼️ TEL 077-569-4618/10:30〜20:00
a.depeche 草津店 BLOG ▷

a.depeche mozo名古屋店
◼️ 愛知県名古屋市西区二方町40番 mozo wondercity 1F
◼️ TEL 052-508-4033/10:00〜22:00
a.depeche mozo 名古屋店 BLOG ▷

 

a.depeche 京都四条店

PRESIDENT WOMAN | VOL.43 2018年11月号

 

2018年10月6日(土)発売! 働く女性のための雑誌、プレジデントウーマン
11月号にて、インテリアデザイナー土橋陽子氏のオススメアイテムとして、
小林幹也氏デザインの「IKI」シリーズ、インセンスホルダー「箱 HAKO」を
紹介していただきました。

是非、ご覧ください。

 

p.74 しおりやブックカバーから、お香立てまで…読書タイムを彩る「コモノ」たち

▶︎PRESIDENT WOMAN [プレジデントウーマン]

 

IKI 箱 HAKO インセンスホルダー / designed by Mikiya Kobayashi

ストックのでき、持ち運び可能なインセンスホルダー

砂の型から生まれた商品はどこかやさしく、あたたかい表情が特徴です。
ところどころ磨き上げられた面が美しさを際立たせています。

>> Lemnos Online Store

-IKI-
富山県高岡発の真鍮とアルミから生まれた、
鋳物の道具のコレクション“IKI(鋳器)”。
その全ては砂の表情を活かした鋳型から生まれます。
砂の手触りを持つ鋳器たちは、
やさしく、あたたかく、自然で、飽きません。
ところどころ面を磨き上げることで、
鋳肌をより美しく際立たせました。

芯 / SHIN 「2018年度 グッドデザイン賞」を受賞。

 

 

この度、株式会社タカタレムノスの靴べら 芯 / SHIN(小林幹也氏デザイン)が、
2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を
受賞しました。

グッドデザイン受賞サイト
http://www.g-mark.org/award/describe/47203?token=QO6uOSz2BD

 

芯 / SHIN は、垂直に自立するその佇まいの美しさや、使用者の負担を軽減する寸法、
細部にわたる製品クオリティの高さなど使い勝手と美しさを見事に両立させるデザインとして、
高く評価されました。
当社では今回の受賞を契機に、芯 / SHIN の販売拡大を図るとともに、ものづくりにおける
デザインの活用を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に努めてまいります。

是非、ご注目をいただきますようご案内いたします。


SHIN_GOOD DESIGN AWARD 2018

 

<グッドデザイン審査員による評価コメント>
垂直に自立するその佇まいが美しい。靴べら本体の長さも、バランスの美しさ
だけでなく、使用者の体の負担を軽減する寸法であり、「持ち手」と「へら」
部分の素材を変えることで絶妙な重量バランスを実現している。異なる
素材の接合部分の処理も滑らかでクォリティが高い。シリコンのベース部分
への差し心地も良く、使い勝手と美しさを見事に両立させている。

グッドデザイン賞
http://www.g-mark.org/
MIKIYA KOBAYASHI オフィシャルサイト
http://www.mikiyakobayashi.com/

 


Photo by Yosuke Owashi

Categories

Archives

ページトップへ