Jp En

CASA

とまり木の時計 / とまり木の時計 mini

Designed by STUDIO SURUME

時計の針に、葉っぱと昆虫をモチーフとした掛け時計。1時間に一度、分針と時針が交差するときに昆虫が葉っぱの上で羽を休めます。ふと時計を見上げた時に、葉っぱの上で休憩する彼らの姿に出会えたら、何だか少し良いことがありそう。時計の針を葉っぱと昆虫に見立てることで、素敵な物語が生まれました。

Online Store

Vol.20 とまり木の時計が生まれるまで

Story

とまり木の時計

プライウッド枠の掛け時計です。

とまり木の時計 mini

お部屋の壁に掛けることも、棚に置くこともできる掛け置き兼用の時計です。

– Designer’s message –

インターネットや SNS・情報網の発達によりいつでも何処でも連絡を取れるようになり、
あらゆることにスピードが求められつつある昨今。私たちは何かの約束や締め切りなど、
時間に追われているときに時計を確認することが多くなってきています。それは仕方のないことだけれど、
時間に追われているときこそ気持ちを落ち着かせることは大切。忙しくて慌ただしく時計を見上げたとき、
昆虫が葉っぱの上で休憩していたら少しだけ心に余裕ができる気がしませんか。あと少しで昆虫が葉っぱに
とまりそうなんてときは、何もせずにぼーっと時間が過ぎるのを眺めてみたくなるかもしれません。
時計の針に葉っぱと昆虫の意匠をあしらうことで、単なる針の交差が「昆虫が葉っぱの上で羽を休める」
という素敵な物語に生まれ変わりました。これは私たちの時間に対する感覚をちょっとだけ見つめ直させてくれる時計です。
もちろん、時間には余裕を持った方が良いですけどね。

Line up

とまり木の時計

  • SUR18-16 TENTO

  • SUR18-16 MONKI

  • SUR18-16 AGEHA

とまり木の時計 mini

  • SUR20-06 TENTO

  • SUR20-06 MONKI

STUDIO SURUME

菊池光義、1988年茨城県生まれ。増田佑佳、1989年茨城県生まれ。2012年に設立されたデザインスタジオ。家具や家電、生活雑貨やインテリア小物などのプロダクトデザインから、商品のロゴ・パッケージやカタログなどのグラフィックデザイン、商品開発のディレクションやブランディングに至るまで、ものづくりを総合的にサポート。噛めば噛むほど味が出るようなモノやサービスをデザインする、ということを大切にしながら活動中。文化学園大学外来講師。