Jp En

CASA

MUKU desk clock

Designed by Lemnos Design Group

時計の枠をつくる製造過程で端材となった、無垢のウォールナット材を使うことが始まりでした。このヴォリューム感を活かしつつ、趣きがあるように、そんな思いから生まれた置時計です。思わず手に取りたくなるような、コロンとした形になるように、うしろを大きく丸く削り出せば、開口部に立体的な曲線が現れ、柔らかなフォルムに生まれ変わります。数字の指標は印刷のように“色”をのせるのではなく焼印による焦げを用いています。焦げの濃淡や、焼印を押した際につく凹みはそれぞれで、木目の表情とあいまって、同じものが2つとない味わい深いプロダクトです。(こちらのアルダー材は端材ではありません)


木目について
木目や節は木材の特長でもあり、同じ商品でも一つ一つ表情が違います。2つとして同じものがないことが天然素材製品の特徴であり、面白みでもあります。木目の形、色の指定は出来ませんので予めご了承下さい。

Online Store

Vol.5 はじまりはウォールナットの端材

Story

Line up

MUKU desk clock

  • LC12-05 BN ブナ

  • LC12-05 AD アルダー